天と地とテノチティトラン2

私はロボットではありません

少年ロック

「ロック少年の心は何処へ消えたのだ?」

 

ここしばらくそのような疑問がぼんやりと脳裏に漂っていたのは事実だった。

 

論理的思考。自分が最も不得意としていたはずのスキルで飯を食っている。それはそれで良くやっていると自分を褒めたいのだが、本懐である面白き生活にまでその思考は浸透してしまっている気がする。

 

そして、

 

「最近、元気ですか?」

 

今日、そう問いかけられたとき、自分でもはっとしていた。身体は充分すぎるほどに元気だったが、彼はその奥にある魂に問いかけていた。お腹が空いているからかもしれない、という自分への間の抜けた言い訳も、おそらく図星を突かれた思いの為だったのだろう。我ながら他人事のようだが。

 

一体何だって言うんだ?これは俺の人生だぞ。

俺らしさ?それって何だったっけ。

今の俺は明らかに俺か?

自信がない。あまりに上手く行き過ぎている気もする。

 

まあ、こんなことよくある。というか、よくあった。自分が自分でない感じのまま人生が進む感覚。RPGのムービーパート。操作不能。しかし怖くはない。レールに乗るのは安心だ。路線を乗り継ぐ電車の旅。突飛な場所に送られることもない。最果ての駅にも何かしらの造られた理由がある。たぶん。

 

だめだ。脈絡のない、抽象的なことしか考えられなくなってきている。俺は楽しい人間で、間抜けで、愉快で、意外性があった。過去形だ。

過去形なのか?

最近忙しいんだ。

忙しいのか?

落ち着きたい。

そんなこと言って、なんだかけっこう落ち着いているじゃないか。面白き生活は?

これでも充分面白いよ。まだ曲も作ってる。音楽を聴いて感動したりもする。愛すべき人がいる。愛すべき人々がいる。最近はまた詞も書いているんだ。弁当だって毎日作ってる。きっと驚くぜ、君が見たら。ちゃんとやってる。癪かもしれないけど、ちゃんと大人になってる。しかもほとんど君のまま。大丈夫だよ。安心して眠りなさい。君が上手くやったから、俺も元気だよ。君がまた目を覚ます時に、がっかりしないようにするよ。

いい子だから、おやすみ。

 

とかまあ、そんな感じで、確かに少年ロックは眠ってしまったのかもしれない。

 

昔よりもあの悪ガキが顔を見せることも少なくなった。

 

でも、彼は絶対にいなくなったりしない。

 

ロックがこの時代でもまだ死んでいないように。

 

春のからっ風

春のからっ風



何かが致命的に足りなかったことが生み出したもの

例えば幼少期に漫画・アニメ・ゲームを与えられず、友達と共通の話題がなかった。運動能力が著しく低く、外で遊んでも「ごまめ」だった。9時に寝なければ怒られたので、トリビアの泉を知ったのは放送終了となった後だった。自分だけいつまでも補助輪付き自転車に乗っていた。

 

小学4年生くらいになって、自ら動き出すようになった。与えられた環境に甘んじてはならないと感じ出した。家族は精一杯の愛で俺を守ろうとしていたが、既に時代が変わっていることには気付いていなかった。隠れてガンダムのアニメを見た。親戚の叔父さんから初代PSを貰い、ファイナルファンタジーの世界に没頭した。運動ができないなら音楽しかないと、頭の中のメロディをピアノで鳴らし続けた。××××ー×ー室に○○し、△△△を学んだ。(一部、コンプライアンスに配慮した表現としています)

 

それらが今の自分を形成していることは言うまでもない。誰かに与えられたものや、周りに合わせることで手に入れられる安心感さえ無かったが、自ら選んだもの、探し出したものを愛でる喜びを知った。それが全てだったと思う。

 

今、自分に何が足りないなどと思うことはない。他人とは能力値の割り振りがあからさまに違うかもしれないが、それはみんなそうだろう。自分というキャラクターの育成状況としては、まずまず良い経過を辿っている気がする。

 

誰しも、何かが致命的に足りないのかもしれない。でも、ピカチュウが空を飛べない事を嘆く必要はない。空を飛んでマウンティングしてくるやつなんか、かみなりでワンパンよ。

 

 

話をしてくれよ

最近気づいたのは俺が無類の話好きだということ。

 

話をしていたら時間を忘れる。それこそ2時間3時間なんてあっという間だ。

ただここで言う話とは、単に言葉を交わす事ではない。世間話やゴシップに花を咲かせたいのではない。文字に書いてありそうなことをわざわざ声に出して欲しいわけではない。

 

お前はどう思うんだ?ということである。

何を考えて日々を過ごしているんだ?何に感化される?何に触れて感傷に浸る?何に悩む?何を喜ぶ?何を求める?何を嫌う?

 

同じであるはずのこの世界がお前にはどのように見えている?聞こえている?感じている?

 

違いを知りたい。一緒を知りたい。それは同じ世界に違う世界を見ることだ。あるいはお前を通して俺を見ることかもしれない。

 

違うカメラで撮った写真。別のオーディオ・システムで再生された音楽。テレビで見る映画と映写機で見る映画。書籍とKindle。何もかもが同じようで、何もかもが違うということが何となく見えてきた。

 

面倒臭いほどに、毎日毎日何かを考えている。たぶんそれぞれみんなが。考えずにはいられない。考えないようになんか、できない。隠すことは出来るかもしれないが。

 

聞かせてくれ、教えてくれ、見せてくれ、打ち明けてくれ、お前のドアに導いてくれ。

 

話をしよう。話をしてくれよ。

 

話がしたいよ。

 



ファクター

みんなそれぞれ自分が幸せだと思い込めるに足るファクトを手に入れたいんよね。

 

それは金、地位、名声、作品、所帯、何でもええんやろけど

 

生きる上で切実な願いよね。

 

もしかしたら、完全にひとりぼっちの世界なら何もなくても幸せかもしれないけれども、それは考えないようにしよう。

 

Fuckin' In the Bushes

Fuckin' In the Bushes

  • オアシス
  • ロック
  • ¥255