天と地とテノチティトラン2

私はロボットではありません

超アナログ派宣言

最近思い知らされることがある。

 

俺はデジタルをあまり信用していない。

デジタルという言い方が合っているかどうかは分からないが、それはそれとして。別に嫌いでもないし恩恵には預かるが、信用はしていない。

 

例えば、電車の乗り換え案内。あれは全く当てにしていない。時刻表を調べる手段としては活用するが、乗り換え案内側が提示してきた電車がベストな選択ではない事が結構多い。乗り換えの時早歩きすればもう一本前の電車に乗れるやろ、とか、逆にその乗り換え時間は駅の構造を考えた時に無茶だ、とかよくある。データだけを打ち込んで弾き出された結果は、それぞれの現場の事情まで考えていない。

 

他にも色々あるが、全部同じだ。デジタルをうまく使うには、使用者である人間のアナログ力が必要だと思う。経験と知識と想像力。これは、この先デジタルがどれだけ進歩しようとも、いや、むしろ進歩すればするほど必要になってくるのではないか。逆に、必要とされないからこそ、自ら培わなければならないのではないかとも思う。

 

アナログ力を鍛えていこう。

自分の足で歩こう。

 

E-DAY・プロジェクト

E-DAY・プロジェクト