天と地とテノチティトラン2

私はロボットではありません

映画もなかなか面白いもんやね

これだけ時間があったというのに真っ先に思い浮かぶであろう「映画を見る」という時間の使い方をしてこなかったのは割とそれなりに日々を楽しんでいた証拠か、はたまた常軌を逸して眠りにふけっていた怠惰の成れの果てか。

 

そんなことは兎も角、この連休(月曜も在宅だったので月曜までを含めて)は映画を色々見た。

 

中でも面白かったのは、トム・ハンクス主演のダ・ヴィンチ・コードシリーズ。一作目のダ・ヴィンチ・コードと二作目の天使と悪魔を一気に見た。

 

やっぱりアレだ、学者が事件に巻き込まれて推理する系の話は鉄板でおもろい。ほんで題材も宗教がらみのギリギリの線を攻めていて良かった。一作目に限ってはたぶんギリギリアウトだと思うが。

 

必要とされる知識も、高校で世界史をやってたら何となく知ってるくらいのちょうどいい難しさ。記憶の隅をつつかれる感触が心地よい。何だったっけこの感じ。どっかで感じたことがあるぞ。

 

思い出した。世界ふしぎ発見だ。正しくは「日立 世界ふしぎ発見!」だ。今回のミステリーハンターはトムハンクス。そうだその感じだ。

 

あとは三作目のインフェルノが残っているからそれも見たいとは思うが、何となく回を重ねるごとに扱う題材が過激ではなくなっている気がするのが若干不安。まあ、トムハンクスが何者かに追われつつ謎解きしてたらそれで満足か。まったく良き観衆だなおれは。

 

Superstar

Superstar

  • アンドルー ロイド ウェバー, ‘Jesus Christ Superstar’ 1996 London Cast & Zubin Varla
  • ミュージカル
  • ¥255